実印を紛失した時の対処方法

実印と言えば、とても重要なものだという印象が強いですよね。
でもその実印を無くしてしまうこともあるでしょう。
もしも実印を無くした時には、どのように対処をしたら良いのでしょうか。

届け出をすること

実印というものは、登録をしているものですよね。
uyfkuf
そのため実印を無くした場合には、登録をしている場所に紛失届をすることが必要になるのです。
自分自身がこの「この印鑑を実印とする」ということを決めて、実印になったわけですから、今度は「あの登録した実印は実印ではない」ということを伝える必要があるのです。
そうすることにより、その実印はただの印鑑に戻ることが出来ます。
つまりは実印とはみなされなくなるのです。
そうすれば、実印として誰かに使用されるような心配も要らなくなるわけです。
これをしておくということがとても重要なことなのです。

届け出をする必要性について

実印登録をしている印鑑を誰かが無断で使用をする時には、印鑑証明書を発行するようなこともあり得るわけです。
そうなると自分が望んでしたことではないのに、被害を被ることになってしまうのです。
実印はどんな印鑑でも実印になるというイメージがあるので、無くしてもたいした問題ではないと思うかもしれません。
確かに自宅で紛失をしただけならまだ良いかもしれません。
でも街を歩いていて落とした場合などは要注意です。
実印を紛失したり、盗難に遭うことは自分で思っているよりも怖いことですから、無くしたり盗られたと思った時には、すぐに行動をすることをお勧めします。
印鑑証明書の交付が他の人に受けられないようにするためにも、個人の場合は市町村役場や、法人なら登記所に届け出をするようにしましょう。

警察に紛失届を出す

実印としての効力を失うことになったので、それで安心という気持ちもあるかもしれません。
でも実印というのは、悪用されることにより取引や契約の相手に対して迷惑をかけることにもなるのです。
そういったことを踏まえて警察に紛失届や盗難届を出すことが必要です。
そうすれば、紛失届出証明書や盗難届出証明書をもらうことが出来ます。
これをもらっておくことが、とても大切なのです。

慌てずに冷静に対応しよう

実印を無くしたことにより、とても慌ててしまう人もいるでしょう。
悪用されることへの不安感を強く感じることもあるでしょう。
でもそういう時こそ冷静に、しっかりと対処をすれば怖がることは無いのです。
実印を無くした時には、以上のような対処をきちんと行うようにしてください。

更新情報

2016/11/18
実印を紛失した時の対処方法の情報を更新しました。
2015/11/17
実印登録に必要なものとは?の情報を更新しました。
2015/11/17
実印の保管はどうするべき?の情報を更新しました。
2015/11/17
実印の書体を決める時にはの情報を更新しました。
2015/11/17
実印のサイズはどのくらいがベスト?の情報を更新しました。
△PAGE TOP